平成29年12月20日に理事研究会を開催いたしました。

01.17

平成29年12月20日に理事研究会を開催いたしました。

【日本子ども安全学会理事】

石井逸郎 弁護士
猪熊弘子 東京都市大学客員准教授・ジャーナリスト
寺町東子 弁護士
内田良 名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授
小佐井良太 愛媛大学法文学部総合政策学科教授
土屋明広 岩手大学教育学部准教授

理事長に小佐井良太先生が就任されました。
また、小児科医の出口貴美子先生(Love&Safetyおおむら代表、出口小児科医院院長)
精神科医の井上 健(国立精神・神経医療研究センター)が理事に就任されました。

今後も、様々な分野から子どもの安全を考え、事故の再発防止・予防の活動に
力を合わせてまいりたいと思います。

 

2018年9月8日開催の第5回大会テーマについて

「子どもの事故調査制度を展望する」

子どもの事故予防と再発防止に繋げるために
保育・学校事故の調査制度の在り方や、現在、法制化に向けて検討されている
チャイルド・デス・レビュー(CDR)などについて、
現状の確認と望ましい方向性を考える機会にしたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一般社団法人吉川慎之介記念基金Facebookページ

ページ上部へ戻る