お知らせー「 Tunagu 」~ 保育・学校事故をともに考える~

02.26

新しい企画のご挨拶とご案内をさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「 Tunagu 」~ 保育・学校事故をともに考える~

     「つなぐ」とは ・・・遺族をつなぐ
             遺族と亡くなった子どもをつなぐ
                  亡くなった子どもたちをつなぐ

つながった想いのカウント 現在「 Tunagu 2 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 遺族として、普段は引き出しにしまっている様々な想いや、
 ありのままの気持ちを出せる場について考えたい、そんな思いから
 Cross×Threeクロスバイスリー 代表 松田容子さんと一緒に、
 一般社団法人 吉川慎之介記念基金代表 吉川優子が企画をしました。
 
  子どもの死と向き合う時、
  厳しい現実や深刻な問題と対峙する中で、前を向くだけではなく、
  後ろしか向けない時、
  複雑な想いにとらわれてしまう時、
  心が苦しくなる時・・・

 言葉では表現することができないことが、たくさんあります。
 そんな私たち遺族の心のあり方と、ゆるやかな形で向き合いながら
 親として、子どもたちへの想いを大切に紡いでいくことができたらと思っています。
 この想いを形にすべく、この度、第1回目を下記日程にて開催することにいたしました。

【「 Tunagu 」~ 保育・学校事故をともに考える~】

日 時 4月21日(土)18:30~20:30    ※受付 18:15~
場 所 横浜市市民活動支援センター 4階 ディスカッションルーム

横浜市中区桜木町1-1-56 クリーンセンタービル 4F
(桜木町駅から徒歩7分)

参加条件 保育・教育・学校管理下でお子さんを亡くされた方
定 員 10名
参加費 500円

遺族同士、支援やケアではなく、肩の荷を少しおろして
事故の事や子どもたちとの思い出などをお話しできたらと思っています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

「 Tunagu 」~ 保育・学校事故をともに考える~ ご案内 チラシ
 
参加申し込み・お問い合わせはこちらから
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一般社団法人吉川慎之介記念基金Facebookページ

ページ上部へ戻る