【9月8日(土)開催】2018年 日本子ども安全学会第5回大会 開催について

07.05

9月8日(土)
2018年 日本子ども安全学会第5回大会 を開催します。

日時 2018年9月8日(土)13時00分~17時
場所 中央大学駿河台記念館 430会議室

〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

TEL:03-3292-3111

参加費 会員参加:無料 一般参加費:2000円(学生1000円)
※一般参加申し込みは受付終了いたしました。
テーマ 「子どもの事故調査を展望する」
大会長 石井逸郎 弁護士
基調講演 ◇消費者庁の消費者安全調査員会による事故報告書について

ー平成23年7月11日に神奈川県内の幼稚園で発生したプール事故ー

伊礼康弘 神奈川県大和市幼稚園プール事故遺族

◇事故調査を展望する

寺町東子 弁護士・社会福祉士・保育士

◇なぜChild Death Reviewが必要なのか?

ー諸外国におけるCDR制度の比較から日本での導入について考える

猪熊弘子 一般社団法人 子ども安全計画研究所代表理事

◇パネルディスカッション

研究実践報告 ◇学校管理下での死亡事例より事後調査を考える

松田容子 Cross × Three (クロス バイ スリー)代表

◇病院受診事故データベースの構築と情報発信

ー保育士・保護者・地域の三者で行う救命講習

「確認」の合言葉は『一往復半』

田中誠 社会福祉法人どろんこ会 運営本部 内部監査室

本大会では、事故調査・検証制度と日頃のヒアリハットなどの検証を
現場や社会でどのように生かされていくことが望ましいのか、
事故が起きてから考える再発防止から未然防止について、
海外事例なども含め前向きに検討したいと思います。

※クリックすると拡大してご覧になれます。

大会のチラシ  発表要旨1  発表要旨2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一般社団法人吉川慎之介記念基金Facebookページ

ページ上部へ戻る