チャイルド・デス・レビュー(CDR)に関する第2回勉強会を開催しました。

09.12

2019年9月8日(土)品川産業支援交流施設SHIPにて
チャイルド・デス・レビュー(CDR)に関する勉強会を開催しました。

チャイルド・デス・レビューは、子どもの事故や虐待など、防げたはずの死からの教訓を生かすための制度です。

第2回勉強会は、成育基本法と死因究明等推進法が成立し、
CDRも制度化へ向けて前進しています。
生きた制度にするために、CDRを研究している先生方からお話を伺い、
子どもの権利としてのCDRについて意見・情報交換をしました。

今後も考える機会を重ねてまいります。

 

【出席者】

小佐井良太 愛媛大学教授
松原英世 愛媛大学教授
河村有教 海上保安大学校
沼口 敦 名古屋大学 救急・内科系集中治療部
小保内 俊雅 公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センター小児科 部長
寺町 東子 弁護士・子ども安全計画研究所理事
平沼 博将 大阪電気通信大学教授/保育の重大事故をなくすネットワーク共同代表
小山 義夫 赤ちゃんの急死を考える会 /保育の重大事故をなくすネットワーク共同代表
藤井 真希 赤ちゃんの急死を考える会 /保育の重大事故をなくすネットワーク共同代表
吉川 優子 吉川慎之介記念基金

 

<関連記事>

2019年9月10日付愛媛新聞


※クリックすると拡大してご覧になれます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子どもの安全管理~水辺の事故を減らすために、今できること~(PDF形式)

一般社団法人吉川慎之介記念基金Facebookページ

海と日本PROJECT【日本財団】

ページ上部へ戻る