水辺の活動~安全教育と啓発に関する意見交換会を開催しました。

10.28

2020年10月22日、水辺の活動と子どもの安全に関する有識者の方、
啓発活動と安全教育にご尽力されている活動団体の皆様と、
水難事故防止のために意見交換会を開催しました。
 

水辺の活動~安全教育と啓発に関する意見交換会
  開催日:2020年10月22日(木)17時~19時(オンライン開催)

【参加者】(五十音順:敬称略)

稲垣 良介 岐阜聖徳学園大学 教授
大野 美喜子 国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター
NPO法人セーフキッズジャパン 理事
大井 里美 NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)
菅原 一成 公益財団法人河川財団 子どもの水辺サポートセンター 主任研究員
田村 祐司 東京海洋大学・一般社団法人水難学会 理事副会長
松本 貴行 公益財団法人日本ライフセービング協会 副理事長
学校法人成城学園中学校高等学校 保健体育科教諭
持田 雅誠 公益財団法人ブルーシー&グリーンランド財団
吉村 高寛 公益財団法人マリンスポーツ財団
西田 佳史 東京工業大学・NPO法人セーフキッズジャパン 理事
日本子ども安全学会 理事

 
今年の夏も、水難事故が多く発生してしまいました。
コロナウイルスの影響も指摘されていますが、
水辺を正しく理解し水難事故を防止するために、
これからも考えて参りたいと思います。
 

参考資料

警察庁 令和2年夏季における水難の概況(PDF)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子どもの安全管理~水辺の事故を減らすために、今できること~(PDF形式)

子ども
安全管理士講座 教科書(PDF形式)

一般社団法人吉川慎之介記念基金Facebookページ

海と日本PROJECT【日本財団】

ページ上部へ戻る